チャネリングのスピリチュアル能力は【スキル】です。生まれつきの才能や修行は関係ありません。

大阪・関西で お一人様限定のチャネリング講座をしています。
チャネリングで みじめな運命から
幸せな運命に変わりました。
●チャネリング
●アカシックレコード
●アニマルコミュニケーションを、
多くの方に知って頂きたくて このホームページを開きました。
チャネリングは難しいものではありません。
修行無しでチャネリングは出来ます。
チャネリング能力はスキルです。どなたでも出来る方法を
【1日 お一人様 限定】の一対一の個人レッスンで
個人の個性に合わせた丁寧な講座をしています。
毎月、スカイプ無料復習会を開いています。
受講後も練習がバッチリできます。

Lお問い合わせは「LINE@」で.ここをタップ・クリック!

亡くなった猫がたむけてくれる愛

SNSでは書けない話

亡くなった猫がたむけてくれる愛

応用編アニマルコミュニケーション習得講座では、

亡くなったペットちゃんとお話する練習をします。

15年前に亡くなったペットの猫ちゃんとお話されました。

飼い主さんは、猫ちゃんが亡くなるとき、十分に治療できなかったので、

猫ちゃんにすまない気持ちが今もあると仰っていました。

飼い主さんに、亡くなった猫ちゃんと直接お話できるように、セッティングしました。

「十分な治療が出来なくてごめんね。長生きしたかったですか?」と猫ちゃんに聞くと、

猫ちゃんは、飼い主さんに「長生きしたいと思ってないよ、怒っていないよ、出会えて嬉しい」とお話してくれました。

飼い主さんは、猫ちゃんが死を受け止めていたことがわかりました。

猫ちゃんに家族へのメッセージがありますか?と聞くと、

猫ちゃんは、お父さんへ「身体を大切にね」

お母さんへ「のんびり、ゆったりしてね」

飼い主さんへ「やりたいこと、やってね」

飼い主さんの娘さんへ「今の猫と仲良くしてね」と

メッセージを伝えてくれました。

「今の猫と仲良くしてね」というのが、ひっかかりました?

どういう意味ですか、15年前に何があったのですか?と飼い主さんに聞きました。

「15年前、離婚して娘を連れて実家へ帰りました。

亡くなった猫は、実家にいたんです。

当時、私が猫を可愛がると、娘が猫にやきもちを焼いて

騒いだのです。」とおっしゃいました。

そのお話を聞いていると、娘さんの怖がっている気持ちが伝わってきました。

お父さんとお別れして、今度はお母さんまでどこかへ行ってしまうのではないか?

猫を可愛がるお母さんを見て、当時幼子だった娘さんは、大きな不安を感じたのです。

不安を表現できなくて、騒いだというのが、猫ピカイアにつたわって来たのです。

そのことを飼い主さんに伝えると「今、やっとわかりました。今まで気が付かなかった。

娘にも猫ちゃんにも、悪いことした」とおっしゃっていました。

亡くなった猫ちゃんは、そんなことに、もうこだわってはいませんでした。

それより、今のご家族が信頼しあって仲良くすることを望んでいました。

亡くなった猫ちゃんは「家族が信頼しあっているのって、気持ちいいでしょ」と言っていました。

飼い主さんも、亡くなった猫に教えられたとおっしゃって、

飼い主さんのお母さんが、しつけに厳しくて、大きくなった飼い主さんの娘さんに
色々注意するが、娘さんは反発していると、それでお家の中に緊張感があると
お話して下さいました。

亡くなった猫ちゃんは、そこが心配だったんですね。

亡くなった猫ちゃんは、飼い主さんへ沢山の愛を流してくれました。

飼い主さんもしっかりその愛を受け取って下さいました。
「猫ちゃんからの愛はすごいですね、びっくりしました」とおっしゃっていました。

私たちは、ペットを飼っている、面倒見ていると思っているのですが、
じつは、ペットが飼い主さんへ雪崩のように愛を流してくれているのです。

次の亡くなったペットちゃんは、

ボランティアで、面倒をみていた犬が亡くなったとおっしゃるので、この犬と繋がって頂きました。

ボランティアさんが面倒見ているのですから、大変な過去があったのでしょうね。

でも、この犬ちゃんは、飼い主さんに「可哀相って思わないで、幸せになるよと応援して欲しい」と伝えてきたのです。

ボランティア団体さんで、里親を待っている犬猫たちを、「可哀相な子達」と、ついみてしまいます。

かわいそうな子達という失礼な見方をして、ごめんなさいという気持ちになりました。

応用編アニマルコミュニケーション習得講座、今回も濃い~内容になりました。

アニマルコミュニケーションは、スキルです!

アニマルコミュニケーション習得セット講座の詳しいページはコチラ